ハーブティーの種類

ハーブとは、直物化学成分が含まれた強い植物です。以前から世界各国において、治療薬として用いられて来た歴史もあります。現代においても、健康食品として多様している国もあれば、医薬品として認可している国もあります。 日本においても、ハーブを使用したハーブティーは、各方面で注目され、人気を集めているアイテムです。身体の軽い不調の緩和や、病気の事前予防、リラックスやティータイム、健康や美容目的、ダイエットの補助としてなど、様々な方面から注目され、活用されています。あなたの目的と好みに合わせて、良いハーブティーを効果的に取り入れていくことで、毎日を効率良く過ごしていくことができるかもしれません。

胃の不調があるときは、ペパーミントやジャーマンカモミールなどのハーブティーがおすすめです。これらをブレンドして飲むことも可能です。 女性の生理痛や月経前症候群には、ラズベリーリーフやセントジョンズワート、ローズヒップやレディスマントルなどがおすすめです。温めた状態が香りをたてて、リラックスした気持ちを引き起こす作用もあります。

ニキビや肌荒れの際には、ネトルやエキナセアなどのハーブティーがおすすめです。前者は緑茶のような香り、後者は草木のさわやかな香りが特徴です。どちらもクセがなくて飲みやすいため、ハーブティーの独特の風味が苦手な人でも、取り入れやすいものとなります。 当サイトでは、このような様々な種類のハーブティーやその効能などについて紹介します。

◎関連情報サイト
様々にブレンドされたハーブティーを販売している通販サイトです > ハーブティー 通販

Copyright © 2014 ハーブティーの種類について知ろう All Rights Reserved.